多摩1キロフェス2014サポートスタッフ かるがも隊ブログ多摩1キロフェス 公式サイト

初日稽古に遅れて夕方から参加したら、いきなり通し稽古に参加させられた、と言う衝撃的な歓迎を受けた松っちゃんこと松島拓朗さん。
140914_2032~01
「拓朗」の「朗」の時は「朗らか」の「朗」ですよー!
お間違えなく^^

そして上の変顔を引き出してくれたのは、たまらんメンバー桃ちゃんといのっち!笑
140914_2032~02
松島さんは大学で演劇専攻、でしたがその後演劇とは異なる専門学校に入ってお芝居したりしなかったり。

柿喰う客は愉快犯を観た時から興味を持ち、中屋敷さんが大学の遠い先輩で、しかも松島さん「中屋敷さんに似てる」とよく言われてたそうで、大学で全然知らない先輩から「あ!中屋敷さん!」と挨拶された事も有るとか。

そんなこんなで中屋敷さんの演出が気になってた所に、ツイッターでこのオーディションの存在を知り、応募して今に至ります。

実際中屋敷さんの演出を受けてみての印象は、兎に角回転が速くてスピーディー。
考えてる暇も無く、ポンポン進む、と。

今まで参加した稽古場は、これをやって、覚える、 次にこれをやって、覚える、と言う感じだったけれど、この稽古場はやりながら覚える感覚で、しかも気が付いたら全然違うのになってたりする。
これが中屋敷演出か!!

と、目をパチクリしながらも楽しそう。

ふと、この座組みを一言で表すと何かなぁ?と聞いてみましたら、うーーーん、と考えてから「渦」、と。

「スピーディー且つ回転の速い中屋敷演出に皆がぐーるぐーる巻き込まれて大きな渦を作ってるみたい」、との言葉に思わず「うまい事言うねぇ~!」(スミマセンまだ『朝日~』が抜けて無くて笑)

「見どころは玲央さんに尽きます!」と謙虚な発言をしたと思ったら、「でも俺の『たまらんなぁ』を観て!」としっかり自己アピールも。

いやいや、若者はこうでなくっちゃね!
そして松っちゃんの「たまらんなぁ」が無くならない事を祈ってますよ私も!

(あいざわ) 

お次は「いのっち」こと伊野夏実さん!
140914_2021~01
やっぱり「柿喰う客」が好き!そして多摩市民!!

高校、大学と演劇部。
PARCO PRODUCE 『露出狂』を観て、「ナンダコレ!!でも面白い!!」「とんでもない世界観!」と、あの何とも言えないファンタジーの世界にド嵌りしたそう。

元々野田秀樹さんのファンだったと言う伊野さんに青山演劇カウンシルファイナル『赤鬼』の感想を聞くと、先ず野田さんが出て無い『赤鬼』が新鮮、そしてとてもファッショナブル且つ現代的な仕上がりで、アンサンブルの方達もとても綺麗だった!と…スミマセン、私が過去の『赤鬼』観てる方が今回の『赤鬼』観てどう思ったのかなーと興味が有って、直接今回の公演に関係ありませんが、突っ込んで聞いちゃいました^^;

話を「たまらんファウスト」に戻して、稽古場で見る中屋敷さんと玉置さんの意思疎通が凄い!とも語ってくれましたよ。

中屋敷さんの指示に対して玉置さんが恭しく「仰せのままに」と仰ったのがとても印象に残っているそうです。
100%信じて無いと、出来ないだろうなぁ、と。

一人芝居では無く、アンサンブルの24名が居るから出来る芝居を皆で創り上げているので、是非そこを注目して欲しい!との事でした!!

玉置さんが「アンサンブルじゃ無いです、共演者です。」って仰ってましたもんね。
皆さんが居るからこその「たまらんファウスト」、間違いないです!!

トコロデ写メ撮影時なんだか表情が硬かった伊野さんから笑顔を頂く為にたまらんファウスト「ひょうきんトリオ」(←勝手に命名、年がバレる^^;)、左から桃ちゃん、松っちゃん、くのちん、にご登場頂きました!
140914_2022~02

結果、笑いを堪える微妙な表情に(笑)
140914_2022~01
ひょうきんトリオ、まだまだ伊野さんを爆笑させる為には精進が必要なモヨウです!

いやーしかしやっぱ24人って多いなぁ…^^;
もうあと三日で本番じゃん!とちょっと焦ってるあいざわでした! 

既に一昨日の話となってしまいましたが、お天気にも恵まれた「多摩1キロフェス」プレイベント「多摩1/2キロフェス」最終日、「たまらんファウスト」公開稽古がきらめきの池水上…じゃなくてもうまんま水中!ステージにて執り行われました!

今回の所は、会場全体の距離感や水上ブランコの位置、 水の中で動くとどんな感じか、声はどの程度届くのか、等などの確認が主だった様な気がします。

お稽古中はなかなか写メ撮る気になれず、ただただじーっと観入ってしまっておりましたが、お稽古開始前、及び休憩中に、皆さんが元気一杯はしゃいでる所は撮影させて頂きましたよ^^
Fotor091701448_01
ブランコの乗り方一つとっても、個性豊かな面々です♪
写真 5
いつも元気なくーちゃんwww

でも流石にお稽古後はみんな寒そうだったんですよね^^;
風邪引かないでねー!

(あいざわ) 

フレッシュ感漲る笑顔!
「くのちん」こと久野祐希奈さんです!
140914_2006~01
今回この作品に出てみたい!と思ったきっかけは、他にも多くの方がその動機として上げていた青山円劇カウンシルファイナル『赤鬼』を観て。

中屋敷さんの演出、玉置さん演じる「ミズカネ」の身体性、ダンスをやってる久野さんの目には、その舞台と身体性の融合がとても面白かった!との事でした。

稽古場での中屋敷さんは、台本の事を「譜面」と呼んだり、リズムをとても大切にしていらっしゃるなぁ、と。

もしかしたら下から二番目?
まだやーっと二十歳のくのちんにとってこの稽古場は、美男美女のお兄様お姉様が一杯でドキドキしっ放しだそうですw

この作品を、どんな作品にしたい?見どころは?の質問には、

「この25人で出来てる、全体で創ってる事が伝わると良いな」 
そして、あるシーンで(今の所)玉置さんの隣になるシーンが有って、そのシーンが嬉しい!と眩しい笑顔で語ってくれましたよ^^

玉置さんも、こんなフレッシュ感がめんどくさい(←誉めてます。『朝日のような夕日をつれて2014』藤井さんの台詞参照!)美少女が隣に居てくれたら、嬉しいですよねーwww

いやぁ何だか毎日若者と接してるとこっちまで若返る様な気がするわー、とか言いながらそろそろ寝不足がヤバいあいざわでしたっ! 

さてさてお次は(今現在)かなり重要な役割(?)を担っているやないさきさん!
140914_1934~01
あそこ、どーすか?と聞いたら、「毎回全力でやってます!」と。

ですね、全力。
うんうんうん。 

さて、やないさんがこのオーディションを受けたのは、やはり「柿喰う客」が好きだから、そして実はなんとやないさん、カナヅチで水が怖いそうで、これを機に水と仲良くなれたらいいなぁ、と思って、との事でした。

昨日の公開稽古でのやないさんは既に随分水と仲良くなってる気がしましたが、恐らくこの先稽古を重ね、それはもう力一杯水と仲良く遊んでる玉置さんを筆頭としたたまらんメンバーにつられてすっかり水とFALL IN LOVEしちゃうこと間違いないと思いますよwww

皆さん口を揃えて仰いますが、やはりやないさんもこの稽古場は「とっても面白い」と。

「ああ、面白い物が出来てるんだなぁ」と思える。
そして参加してる皆さんの意識が高いので、とても刺激になる、とも。

玉置さんが引っ張ってくれる。
中屋敷さんが笑ってくれる。

大丈夫だって、間違って無いって、安心してどんどんチャレンジ出来る。

リズム遊びみたいな音のやり取りが面白い。
ラップの掛け合いみたいでもあり、
この作品が一つの音楽みたい。

毎日「なんだコレ」のオンパレードで、 センスの良さに脱帽。

「最後にこの作品の見所を!」 と聞きましたら、
「全部、観て下さい!」と力強い答えが返って来ました。

本当にね。
皆様、是非、全部、全力で、観て下さいね^^

(あいざわ) 

多摩1キロフェス非公式ガイド「1キロを歩こう」、通称「かるがも新聞」が届きましたー!
写真 1 (1)
これは、我らかるがも隊が、多摩1キロフェスにお越し下さるお客様達にフェス以外にも色々多摩センターを楽しんで頂きたい!と、周辺取材やら掲載許可の交渉やらデザインまで、みんなで一所懸命作った多摩1キロフェスの非公式ガイド。

畳むとこう↓なります。
写真 2 (1)
かるがも隊員、今日はこれをセッセと畳んでましたwww
あきちゃんの骨折した指の包帯が痛々しい^^;
しんぶん
↑の写真で約200枚、パスケースにも丁度入ります!
今日は全部で500枚頑張りました!

中を開いて頂くと、スタンプラリーなんかも有るんですよ!
見事ラリー制覇されたお客様には粗品のプレゼントも!

是非ぜひ、多摩1キロフェスにご来場頂きましたら、こちらの非公式ガイドもしっかりゲットして下さいねー!

(あいざわ)

さてさて、今度はプレイベントでもその歌声をご披露頂きましたSinger haruさんのご紹介です!

haruさんは、記念すべき第1回「多摩1キロフェス」から出演なさってて、心に触れる歌声と絶妙なトーンが魅力のシンガーさんです。

中央大学在学中は毎日多摩センター駅を利用し、パルテノン多摩にご出演なさった事も有ると言うharuさんにとってここ多摩センターは「今でも音楽活動を続けている原点となった思い入れの強い場所」との事。
今年も「多摩1キロフェス」を盛り上げる為に張り切っておられます。
 
オリジナル曲は勿論、お客様に合わせて慣れ親しんでいる曲で盛り上げるのもお手のもの!
ニッポン放送ライブやよみうりランド遊園地、ディズニーリゾート、三浦海岸ホテル等、様々な場所でご活躍中で、国際交流イベントにも日本代表としてご出演なさってます。
IMGP0151
今日の演奏、私は残念ながら池でヨーヨーと格闘していてじっくり聴かせて頂く事が出来なかったのですが、レセプションパーティーでわざわざ私を探してお話し聞かせて下さいました。
本当に有難うございました!

「酔っぱらってるので」
「顔、真っ赤じゃないですか?」
とご心配なさってましたが、とても暖かい笑顔SHOTを頂きました!
140914_2034~01
Singer haruさんのホームぺージは【 http://mbsp.jp/harupoti9000/
Facebook、mixi 等は「Singer haru」で検索して下さい!との事です^^

 (あいざわ)

このページのトップヘ