DE DE MOUSE

いよいよ明日開幕!多摩1キロフェス!
みどころが多すぎて書ききれませんが、明日9/20(土)の大階段ステージは「音楽の日」!音楽好きの多い多摩1キロフェス運営チームが「いま、ここ、多摩センターで観たい!」とこだわりにこだわりぬいたブッキングのラインナップをご紹介します。

まずは「多摩1キロフェス2013」に続いての出演となる DE DE MOUSE!

きらびやかな電子音と生音によるシンフォニックな演奏に、「多摩」ならではの素材をちりばめたプロジェクションマッピングを絡めた前回のライブは、音楽好きから地元のおじいちゃんまで足を止め魅了されたのがつい昨日のことのよう。



今回は、チェロ、サックス、クラリネットを入れた管弦編成でのライブになるとのこと。夕方の出番なので映像はありませんが、夕暮れ時の秋空を眺めながらの演奏は、とてもきもちよい時間になりそうです。

「自分の音楽は管や弦と非常に相性がいいと思っているので、多摩という思い入れのある地で、自分の音楽の本質の部分をそのまま届けられる編成で演奏が出来るのが嬉しい」とは ご本人のTwitter より。そう、デデさんは多摩センターとの関わりも深いんですよね。パルテノン多摩・大階段下の「サウンド・タワー」ではデデさん制作のトラックが流れてるんです!(そのムービーは こちら
※ライブ中はサウンドタワーはお休みしてます。すいません!

で、21(日)のクロージングイベント「魅惑の星屑ダンスパーティ」でデデさんは太鼓を叩くとの噂!? エレクトロニカや、シンフォニックな生音での演奏のイメージがあるデデさんが太鼓て…想像つかない…!
ホナガヨウコさんとの太鼓リハ(?)はこんなかんじ。



ええとこで終わる動画ー!笑
ぜひぜひ、20(土)も21(日)も、どちらも楽しみにおいでください◎

昔、大学生の時に友達から貸してもらったデデさんのCDをずっと愛聴してて、10年経ってこんなかたちでデデさんとお仕事することになるとは〜と感慨深い山口、でした。

(デザイン担当:山口)