Baobab

大階段ステージ/
音楽の日についてデザイナーの山口氏が書いてくれてましたので
せっかくなのでパフォーミングアーツの日の出演者について紹介します。

トップバッターはBaobab!
トヨタコレオグラフィーアワード2012「オーディエンス賞」を受賞した北尾亘さんが主宰のダンスカンパニー!
多摩1キロフェスのディレクターであるウォーリー木下氏が2009年に東京で演出した「ハルメリ」の出演者が舞台写真を手掛けていたために僕は知ったのですが、知ってからの活躍が目覚ましいですね!

さまざまなフェスティバルや企画に参加していて、その中でもパワフルなダンス、ユーモアあふれるパフォーマンスでお客さんの心をつかんでいきます。

個人的には京都で、全面に砂が敷き詰められた舞台や、虹色の幕を使わないといけないルールの舞台を自由に遊びまわれるその状況を遊べるセンスが素晴らしいなと思っていました。

そんな踊る場所を選ばない、踊る場所によってよりパワーを発揮できるBaobabがこの大階段をどう遊ぶのかが楽しみで仕方ないです!

13時からこのパフォーミングアーツであり、サイトスペシフィックアーツであることをみせつけてくれるでしょう!

(大階段ステージ担当:若林)