楽団鹿殺し
(撮影:和田咲子)

パフォーミングアーツの日のトリを飾るのは楽団鹿殺し!
今や小劇場の枠を超えた活躍をする劇団鹿殺し。その劇団鹿殺しの中で、物語をバックで支えてきた「楽隊」がメインとして飛び出した集団です。
劇場公演でもゲスト出演していたカルトでコアでカオスな自称変態系ロックバンド「巨乳まんだら王国。」のリーダー兼ボーカルである教祖イコマノリユキをゲストに迎え、パルテノン多摩の大階段を舞台に暴れてくれるでしょう!

音楽としてストリートライブの様に演奏するだけではなく、ちゃんと物語を見せてくれます!
泣けて、笑えて、すっきりさせられる!
音楽の力を、そして旅する物語を見せつけてくれるでしょう!

(大階段ステージ担当:若林)